お問合せはこちら

最新SEOニュース


なぜ今、SEOが必要とされているのか?

インターネット人口9,000万人が利用する検索エンジンで、上位表示されるようにサイトをカスタマイズする事をSEOといいます。ここでは、SEOの基礎知識についてご説明いたします。

SEOとは?

SEOとは、Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)の略語で、Yahoo!、Googleなどの検索エンジンの上位に表示するための技術・施策です。

検索エンジンの表示順位は「アルゴリズム」とよばれる独自の判断基準で決定していますが、その判断基準に評価されやすいサイトへと修正する事でキーワード検索結果画面の上位表示が可能となります。

検索エンジンの種類と国内シェア

国内ではYahoo!とGoogleの2つの検索エンジンが国内シェアを確保しています。

YahooのYST(シェア60%前後)、Google(シェア30%前後)、MSNのLive Search(シェア10%前後)で、その他の検索エンジンは、それら3つの代表的な検索エンジンのシェアの隙間に存在する形になっています。

上記の事から、国内のSEO施策はYahoo!、Googleの2サイトに対応する最適化が現在では求められています。

インターネットユーザの90%が検索をおこなっています

インターネットで情報収集を行うことが常識になりつつある現在、インターネットユーザの90%がYahoo!やGoogle等の検索エンジンを利用し情報を集めています。ユーザは「検索キーワード」という形で、自分の興味・関心を表明しているのです。SEOを行うことで自社のサービス、商品に興味、関心を示す可能性の高いユーザ(潜在顧客)に直接リーチする事が可能になります。

SEO対策はブランディング効果も期待できる施策

検索エンジンで上位に表示される事は79%のユーザーが好印象を持っています。

検索エンジンで上位に表示される事は、裏路地にある店舗が駅前の一等地に移転するのと同じ様な強力なブランディング効果があり、絶対的競争優位を築くことができます。

例えば楽天やYahooショッピングなど、ショッピングモールへの出店も同様の効果を持ちますが、その場合は固定費の他に売上からのマージン、およびモール内での広告料など様々な費用が発生します。「SEOライト」では、月額料金以外に一切費用は発生しません。

SEOが必要な理由

どんなに良い商品やサービスを提供していても、WEBサイトへのアクセスが無ければ売上げはゼロです。また、どんなにアクセスがあったとしても、その多くが冷やかし客であれば意味がありません。適切なSEO施策により優良な見込み顧客を獲得することは、全ての業種において最も効果の高いプロモーション施策となりうるのです。

どうすればSEO施策ができるのか?

SEO施策でもっとも重要視されている項目は外部施策になります。具体的には外部サイトからの被リンクを獲得する事ですが、外部リンクの獲得には大変な時間と労力がかかります。

この外部リンクを獲得する事に時間をかけてしまうよりも、その部分は外部に任せてしまい、サイトのリニューアルや成約率アップの為の時間により注力しませんか。

サイトの構成や成約率をアップさせるサイト内部の施策とSEO施策を同時にやることで、SEOの効果を何倍にも引きあがる事が出来、当然!売上げも向上します。

HOME

このページのTOPに戻る